経緯

ロビー

一戸建てを新築で建てる際に、あるいはリフォームの際に賃貸併用住宅とするケースが増えています。
これまでにはなかった形態となるものですが、非常に効率の良いものであることから多くの需要を得るものとなっています。
これまでは賃貸と居住用とは明確に分かれていたものです。
たとえば一階と二階とに分かれて、どちらかを居住用にしてもう片方を賃貸用にという作りが通常のものだったものです。
生活空間を明確に分けることによってプライベートはしっかりと境目を作ることが普通というものです。
けれども今日においては、欧米の生活スタイルが浸透してきていることもあり、また住宅もそれほどの広さを確保できない事情もあって、ひと部屋のみを賃貸として貸し出すというスタイルが多くなってきています。
場合によっては玄関が共通というものもあり、賃借人は同居人といった存在である場合も多く見られるものです。
それでも、その賃貸収入がローン返済に充てられるわけです。

これから

家族で一戸建てに住み、やがて子供が独立してからは家が広くなり、リフォームを機に空いた部屋を賃貸に出すというケースは最近多くなっています。
老後の生活費の糧にもなり、リフォームの費用にも充てることができるために人気のあるものです。
オーナーとなって家賃収入を得ることができるのは、非常に効率の良いものです。
けれども昔であれば同居人とも言える賃借人の存在はあまり馴染めるものではなかったものですが、最近では事情が変わってきています。
歳を取るとその生活を支える存在が少なくなってきているのが、その原因です。
そのような意味では、たとえ他人ではあってもすぐ近くに誰かがいるというのは、安心感が生まれるものです。
そのような意味合いもあって、あえて空いている部屋を貸し出すというのは理に叶うものでもあるわけです。
独居老人問題も課題となる中、このような形態の賃貸併用住宅というものは、これからもさらに増えていくと見られています。

注目の記事

    名刺交換

    家賃収入を得る

    将来にわたって家賃収入を得ることができるオーナーにもなれる賃貸併用住宅のアドバイスを行う業者として提供するサー...

    Readmore
    ガラス窓

    二階に部屋がある場合はどうか

     賃貸併用住宅でお互い快適に過ごすためには、まずは音の問題をクリアしたいです。二階に部屋がある場合は、一回の天...

    Readmore
    吹き抜け

    確保

     賃貸併用住宅のオーナーになる人は、子供が結婚や就職などで独立し、使わない部屋が出来た親世帯に多いです。昔でい...

    Readmore

最新の投稿

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年12月
« 11月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

オススメリンク